賃貸経営のオーナー様へ

レグリオがオーナー様の賃貸経営を、安心サポート!

VISION保証人制度の今後

現在の賃貸借契約において、契約者の信用補完として連帯保証人を立てて契約を行うことが慣習となっており、そういった契約が現在に至るまで、主流となっております。では賃貸借契約以外で保証人を付けないと契約ができないものは何があるでしょうか。
人生最大の買い物と言われるマイホームの契約では、お金を借りる際、保証人ではなく保証会社との契約によって購入できるようになっています。進学や就職の際の身元引受人として保証人を求めるケースは一部ありますが、保証人付き債務契約となると今では賃貸借契約のみと言っても過言ではない時代へと変化しています。こういった社会環境の変化により、国会でも保証人の在り方について議論され、保証人の保証内容の制限について検討が行われています。
賃貸借契約も『保証人から保証会社へ』という時代はすぐそこまで迫っています。そんな時代を見据え、レグリオは大切な資産を守る最適なパートナーとして、オーナー様の賃貸経営を安心サポートします。

ABOUT家賃債務保証サービスとは

家賃債務保証サービスとは、賃貸住宅を借りる際に必要とされる「連帯保証人」に代わり、レグリオが家賃のお支払いを一定期間保証することで、オーナー様のお部屋を貸しやすくするサービスです。親御様が高齢、近くに保証人を頼める人がいない、頼みづらい、誰にも頼らず自分で独立したいといった方に、レグリオが保証人となることで、オーナー様とご入居者様との賃貸借契約をスムーズに行うことができます。

MERITオーナー様のメリット

  • MERIT1

    入居率アップのお手伝い

    入居を希望されている方がいるにも関わらず、連帯保証人になれる方がご高齢等の事情により入居を断っているケースはございませんか。そういったケースでもレグリオが保証人代行することで入居促進ができ、空室を減らすことができます。

  • MERIT2

    便利な家賃集金代行

    毎月の家賃収納業務はレグリオが行います。また家賃収納には口座振替サービスをご利用いただきますので、煩わしい毎月の振り込みは不要となり、ご入居者様の利便性も向上します。

  • MERIT3

    安定した家賃収入

    万一の滞納時にも家賃が滞ることはありません。レグリオが滞納家賃をオーナー様へ立て替え払いを行うとともに、ご入居者への対応や家賃支払の正常化交渉を行います。

WARRANTY主な保証内容

  • お家賃、共益費、駐車料等の固定費

  • 退去明渡しに係る法的費用

  • 変動費(水道料など)

  • 賃料等損害金

  • 原状回復費用(賃料の1か月相当額)

  • 退去予告義務違反に関する違約金

保証限度額:月額固定費の48ヵ月相当額(保証内容の総額)

なお、短期予告義務違反、延滞損害金等は保証の対象外となります。
詳しくは、レグリオもしくは提携不動産会社に問い合わせください。